ダウ理論とは?

FX ≪基礎編≫

基本的なテクニカル分析手法の一つに「ダウ理論」という方法があります。ダウ理論は株式投資やFX取引をする投資家であれば誰もが知っているテクニカル分析の手法であるため、投資を始めたばかりの初心者だとしても必ず知っておかなければなりません。そこで今回は、ダウ理論についての解説と実際の使い方についてご紹介します。

ダウ理論の6つの基本原則

ダウ理論(Dow Theory)とは、米国の証券アナリストであるチャールズ・ダウが提唱した、市場での値動きを評価するための理論で、下記の6つの基本法則から成っています。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

1.平均はすべての事象を織り込む

この原則が意味するのは、現在価格はすべての要因を織り込んで表れている数値であるということです。

「すべて」というのは、雇用統計などの経済統計だけにとどまらず、突発的な自然災害などの予測不可能なことであっても、需給に関するすべての事象は市場価格として現れるということです。

つまり、この原則から学ぶべきことは、ニュースなどの先行きの見通しから、一方向にバイアスがかかってしまうのは危険であることです。ニュースや経済指標を無視しろとまでは言いませんが、一般の個人投資家がその情報を入手した時には、大口の機関投資家などは先に入手した情報で既に取引をしている状態であることを理解する必要があります。

2.トレンドには3種類ある

トレンドは「主要トレンド、二次トレンド、小トレンド」の3種類に分類されます。簡単な言葉で言えば、トレンドは「短期・中期・長期」の3種類に分類されるということです。また、それぞれの期間は下記のように表されます。

  • 主要トレンド(長期):1年~数年
  • 二次トレンド(中期):3週間~3か月
  • 小トレンド(短期):3週間未満

これは、一口にトレンドといっても必ず調整局面があることを表しており、長期足の小トレンドは、その下位足の二次トレンドや主要トレンドで形成されていることを踏まえ、実際の取引では一つの時間足ではなく複数の時間足を確認してトレンドを捉えることが必要です。

3.主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは「先行期、追随期、利食い期」の3種類に分類されます。

  • 先行期:下落か横ばい推移、底値圏で少数の投資家が買いを入れる時期
  • 追随期:上昇推移、価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期
  • 利食い期:小幅な上昇推移、先行期の投資家が利益確定をする時期

ここで重要なポイントは、個人投資家は「追随期」を狙ってエントリーをすべきだということです。なぜなら、先行期でのエントリーはリスクが高く、底だと思ってもまだ下げの途中であるなど、エントリーのハードルが高いからです。

相場の格言で「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉がありますが、これは底値から天井までの値幅を狙うのではなく、底打ちを確認してからエントリーをした上で、トレンドの転換を確認してから利益を確定すべきという意味で、頭(天井)と尻尾(底)はコストと捉えるべきであるという考え方です。

4.平均は相互に確認されなければならない

複数の指標が存在する場合には、その双方に同じシグナルが見られなければトレンドとして捉えられないということです。たとえば、市場がリスクオンとなった時には株式や高金利通貨が買われやすいなど、一定の条件化で相関の高い指標が連動する傾向にあります。

これをFX取引に当てはめると複数の通貨ペアを確認し、市場の傾向を把握すべきであることを意味しています。たとえば、主要通貨に対してクロス円やドルストレートがともに上昇していれば、市場がリスクオン方向に動いているのだと推察することが出来ます。もちろん、通貨ペアやその時々の市場によって必ずしも当てはまるわけではありませんが、一つだけの通貨ペアを確認したときよりも精度が高くなることは間違いないでしょう。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

トレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視するということです。例えば、価格の上昇局面においては価格の上昇時に出来高が増加し、値下がり時には出来高が減少します。これは、主要トレンドに乗って取引をする投資家が多数であり、調整局面で取引をする投資家が少数であることを表しています。

つまり逆を言えば、出来高の少ない相場はトレンドとしてみることは出来ないので、エントリーを避けた方が無難であるということです。一方で、トレンドレスの状態=レンジ相場でも有効な取引手法は存在するので、トレンド相場内なのかレンジ相場内なのかを踏まえた上で取引することが大切となります。

6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

言葉の通りですが、明確な転換シグナルが発生するまではトレンドは継続すると考えることです。多数の投資家はトレンドに従った取引で利益を得るのであって、トレンドに逆らった取引で利益を得ることが難しいことを示唆しています。
なお、「明確な転換シグナル」を表すチャートパターンは複数ありますが、下落時に安値を切り上げたり、戻り高値の更新したりすることが転換のサインとなります。

ダウ理論を意識した取引

ここまでダウ理論について解説してきましたが、いまいちどのように取引に活かせばいいのかわからないのではないでしょうか。そこで、実際のチャートを用いて、どのように相場を考えるべきかご紹介します。なお、分析する上では必ず「基本原則1.平均はすべての事象を織り込む」を念頭に置きましょう。

トレンドを分析する

取引をする上で最も重要なことは、利益を獲得することです。そのためには、現在価格がどのようなトレンドでどこに位置しているかを分析しなければなりません。そこで、先ほど紹介したダウ理論の考え方を当てはめるとチャートの形状からどのようなことがわかるのかを考えていきましょう。

<10/26 ドル円 5分足>

上記の画像は10月26日のドル円の5分足を切り取った画像です。画像から5分足は上昇トレンドとなっていることがわかりますが、上位足のトレンドを確認しなければ、基本原則2と3の主要トレンドや現在価格がどこに位置しているかを把握することが出来ないため、上位足である1時間足と4時間足を確認してみましょう

<10/26 ドル円 1時間足>

<10/26 ドル円 4時間足>

上記の画像の赤枠で囲った部分は、最初の5分足の画像に当たる部分です。5分足は上昇トレンドでしたが、大きな流れで見ると、その上位足は下降トレンドであることがわかります。つまり、5分足の上昇トレンドはあくまで上位足にとっての調整期間であると考えることが出来ます。

ここで大事なことは、上位足のトレンドが下降トレンドだからと言って、すぐに”売り”で入ってはいけないということです。基本原則6にある通り、トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続します。そのため、たとえ下位足のトレンドであったとしても、必ず転換シグナルが発生してからのエントリーをしましょう。先ほどのドル円5分足を少し先に進めると下記のような形となりました。

<10/26 ドル円 5分足>

上記の画像からわかる通り、高値を更新できずに押し目が切り下がっていることがわかります。先ほど確認した上位足が下降トレンドであることから、この動きは短期足の上位トレンドの終了と捉えることができ、ここで初めて”売り”でのエントリーが出来る地合いとなりました。そしてこのチャートを更に先に進めると下記の通りとなりました。

<10/27 ドル円 5分足>

シナリオの根拠を厚くする

前項のように、複数の時間足を確認しトレンドを分析(マルチタイムフレーム分析)することで、取引のエントリーシナリオを立てることが出来ることが理解できたでしょうか。しかし、すべてが前項のようにシナリオ通りにうまくいくわけではありません。そこで、自分のトレンドシナリオの根拠を厚くするために、基本原則4と5を用いましょう。

基本原則の4はトレンドを複数の指標で確認するというものです。FXは二国間の通貨取引のため、ほかの通貨ペアを見ることでどの通貨が強く、どの通貨が弱いのかを把握することが出来ます。先ほどの例で挙げたドル円に相関が高いユーロドルの同じ時間の5分足を確認すると下記の通りとなります。

<10/26 ユーロドル 5分足>

上記の画像からユーロドルの5分足が下落しており、ドルがユーロに対して強いことがわかります。また、ドル円が上昇していたことから、ドルは円に対しても強かったことがわかります。つまり、ドルは円とユーロに対して強くなる=ドル買いの流れだったことがわかり、複数のトレンドから5分足レベルでの方向としては、ドル買い方向に動いていたことがわかります。

また、基本原則5は出来高でも確認するという方法ですが、FXにおいては出来高の考え方が株式投資と異なるので、オシレーター系のテクニカル指標を利用して確認することが良いでしょう。ちなみにオシレーター系のテクニカル指標は、相場の過熱感を把握することが出来るため、シナリオの根拠を強めるために有用な情報となります。

まとめ

ここまでダウ理論の考え方や実際の相場をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。あくまで「理論」であるため、すべてが例に挙げたようにうまく進むわけではありません。しかし、市場参加者誰もが知っている知識は少なくとも知っておく必要があります。他にもまだまだ基本的なテクニカル分析はありますが、まずはダウ理論をマスターすることから始めてみてはいかがでしょうか。

※参考:wikipedia 「ダウ理論」

タイトルとURLをコピーしました