FXにおける世界三大取引市場とは?

FX ≪基礎編≫

FX取引では株式投資と異なり、平日であれば何時でも取引が出来るというメリットがあります。その理由は、日本の証券取引市場だけでなく、世界各国の証券取引市場を通して為替取引を出来るからです。しかし、FX取引をする上では、取引市場の移りかわる時間やその市場の特徴を知っておかなければいけません。そこで今回は、意識しておかなければならない世界三大市場についてご紹介します。

世界三大市場とは

一般的に世界三大市場とは「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の三市場を表します。ここで重要なことはそれぞれの市場が、日本時間にすると何時であるかということです。結論から言うと、ロンドン市場の開場は日本時間16時、ニューヨーク市場の開場は日本時間22時です。ただし、海外ではサマータイム制を採用しているため、夏時間と冬時間で1時間の誤差が生まれる点には注意が必要です。

ちなみにサマータイム制とは、1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度のことです。サマータイムは欧米と欧州でも期間が異なるので、4月~10月と11月~3月の期間では日本時間と対応する時間が異なるということを覚えておきましょう。なお、主な3つの市場を日本時間で表すと下記の画像の通りとなります。

また、各市場ではその国の通貨が取引されやすい傾向にあり、東京市場では”円”との通貨ペアを指すクロス円や、ロンドン市場では”EUR(ユーロ)”や”GBP(ポンド)”、ニューヨーク市場では”USD(ドル)”との通貨ペアを指すドルストレートが動きやすいことも覚えておきましょう。ただし、基軸通貨であるUSD(ドル)はどの時間帯でも取引されやすいという特徴があります。

東京市場の特徴

東京市場は日本時間9時から15時を指します。また、東京市場の2時間前にオセアニア市場が開場する事から、”円”だけでなく”AUD(オーストラリアドル)”や”NZD(ニュージーランドドル)”が動きやすいということを覚えておきましょう。

東京市場の特徴は比較的ボラティリティが小さいことにあります。また、クロス円が正の相関として動くことが多く、ユーロドルやポンドドルなどのドルストレートは特にボラティリティが小さい傾向があります。そのため、クロス円を触ることの多いFX初心者の方でも比較的取引がしやすい市場であると言えるでしょう。

また、東京市場で意識しないといけなければならない要素として「仲値」があります。仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことで、毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。そのため、仲値の為替レートがその日一日の基準となることから、独特のフローが見受けられることが多いです。

仲値については、ドル円が上がりやすい=ドルが買われやすいなどの通説も見受けられますが、必ずしもそうなるとは限らないので、あくまで仲値にかけての独特のフローが存在するのだということを覚えておくといいでしょう。

ロンドン市場の特徴

ロンドン市場は日本時間16時から25時(冬時間:17時から26時)を指します。ロンドン市場ではヨーロッパの通貨である”EUR(ユーロ)”や”GBP(ポンド)”、”CHF(スイスフラン)”などの通貨が動きやすいということを覚えておきましょう。

ロンドン市場の特徴はボラティリティが大きいことにあります。世界の為替取引において、一日に取引される30%以上がロンドン市場での取引であり、その取引量はニューヨーク市場をも上回っていることなどからボラティリティが大きくなりやすい傾向にあります。さらに、ロンドン市場の後半(日本時間22時/23時ごろ)にはニューヨーク市場もオープンすることで更に大きなボラティリティとなることが多く、スキャルピングやデイトレードを主な手法としている人は一度手仕舞うべき時間帯となります。

また、ロンドン市場の仲値が発表される「ロンドンフィキシング」には特に注意が必要で、東京市場の仲値よりもインパクトが大きい傾向にあり、日本時間24時ごろ(冬時間では25時ごろ)に発表されるということを念頭に置いておく必要があります。特に月末や四半期末の五十日などは更に大きな動きとなることもあるので覚えておきましょう。

ニューヨーク市場の特徴

ニューヨーク市場は日本時間22時から6時(冬時間:23時から7時)を指します。ニューヨーク市場ではドルに加えて、カナダの通貨である”CAD(カナダドル)”などの通貨が動きやすいということを覚えておきましょう。

ニューヨーク市場の特徴もロンドン市場と同様にボラティリティが大きいことにあります。また、アメリカの経済指標はニューヨーク市場で発表されるものがほとんどなので、それまでのトレンドが転換することも珍しくなく、特に注意が必要な相場であると言えます。

また、重要な経済指標が日本時間3時などに発表されることもあり、スイングトレードや長期トレードを中心とした取引をする人にとっても、前もって知っておく必要があります。

まとめ

今回は世界三大取引市場について紹介しましたが、FX取引をする上で自分がどの市場でFX取引をしているか確認することは重要な要素となります。また、市場の移り変わりのタイミングで、それまでの流れが加速したり、転換したりといったことも珍しくなく、市場のオープンやクローズの時間は常に頭に入れておくべき要素です。そのため、FX初心者の方は、FX取引をする際には、事前にチャートを確認するなどして、それぞれの市場がどのような特徴をもっているか確認しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました