9月1日の為替相場と経済指標

為替相場の見通し

9月1日のドル円相場

1時間足

ドル円の直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日のドル円は、市場の明けで上下に大きく動いた後、終始ジリ高となる展開で、一時106円台の前半を回復する動きを見せました。この動きで短期線は上向きとなり、短・中・長期線の平均線がわずか15銭程度に収束する形となっています。現在値は27日の大きな上昇を付けたサポート位置となっているため、ここがレジスタンスラインとなるか、はたまたここを越えて引き続き上昇するかがポイントとなりそうです。

4時間足

ドル円の直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。4時間足レベルでも105円前半が再びサポートとなっていることがわかります。また、平均線も短・中・長期線が収束している状態で、強いトレンドとは言い切れない状態です。105円前半から106円後半の中でのレンジ相場として、一方にバイアスがかからないよう注意が必要です。

日足

ドル円の直近4ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。8月のドル円は105円〜107円の約2円幅でしたが、始値と終値はいずれも106円前後という形になりました。下値は三度も105円前半で止められ、上値も107円で止められていることから、今後はこのレンジを抜けられるかどうかがポイントとなりそうです。

ドル円のトレンド

ドル円の1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線を整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線
1時間足
4時間足
日足

※チャートはMT5より引用しています。

9月1日のユーロドル相場

1時間足

ユーロドルの直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日は年初来高値に迫る1.19650まで上昇しましたが、30銭程度戻して終了しています。長期線は未だ横向きであるものの、短・中期線は上向きとなっており、今後もこの流れが続くかがポイントです。高値を更新した場合は1.20000の大台が視野に入ってきますが、反対に1.18900を割るような下落の際には、下値に注意が必要となりそうです。

4時間足

ユーロドルの直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日は先週末の流れのまま上昇を続け、8月17日の週に付けた年初来高値1.19650の水準まで上値を伸ばしています。8月19日20日とこのラインを越えられずに下落に転じているため、この高値を更新できれば更なる上昇の可能性がありそうです。反対に1.18800のライン割れの際は下落に注意していきましょう。

日足

ユーロドルの直近4ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日つけた陽線は、実線レベルで8月18日をやや上回る形となりました。日足レベルでは、引き続き強い上昇トレンドを具現している形ですので、ロングエントリーを基本スタンスとして、安易な逆張りは注意しましょう。

ユーロドルのトレンド

ユーロドルの1時間足・4時間足・日足の短期線〜長期線を整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線
1時間足
4時間足
日足

※チャートはMT5より引用しています。

9月1日の主な経済指標

本日の主な経済指標は下記の通りです。

9月1日の経済指標
時刻地域指標重要度前回予想
08:30
日本
7月 失業率☆☆2.8%3.0%
08:30
日本
7月 有効求人倍率☆☆1.111.08
10:30
豪州
7月 住宅建設許可件数 [前月比]☆☆-4.9%-1.0%
10:45
中国
8月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)☆☆52.852.5
13:30
豪州
豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表☆☆☆0.25%0.25%
16:50
フランス
8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)☆☆49.049.0
16:55
ドイツ
8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)☆☆53.053.0
16:55
ドイツ
8月 失業者数 [前月比]☆☆-1.80万人0.00万人
16:55
ドイツ
8月 失業率☆☆6.4%6.4%
17:00
EU
8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)☆☆51.751.7
17:30
英国
8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)☆☆55.355.3
18:00
EU
8月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]☆☆☆0.4%0.2%
18:00
EU
8月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]☆☆☆1.2%0.9%
18:00
EU
7月 失業率☆☆7.8%8.0%
22:45
米国
8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)☆☆53.653.6
23:00
米国
8月 ISM製造業景況指数☆☆☆54.254.5

SBI証券 経済指標カレンダーヤフーファイナンス 経指標カレンダーを参考に作成しています。

タイトルとURLをコピーしました