10月21日の為替相場の見通し

為替相場の見通し

10月21日の経済指標

本日発表予定の経済指標*は上記画像の通りです。

Yahooファイナンス 経済指標カレンダーより引用

10月21日のドル円相場

日足

ドル円の直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのドル円は、上ひげの長い陽線にて引けています。引き続き移動平均線は下方向を示唆していますが、上値と下値の両方の固さが見て取れ、ボラティリティの小さい商状が続いています。この流れから戻り売りを基本スタンスとしますが、短期足の流れが明確に出てから取引に臨むようにしましょう。また本日の価格は105円から105円70銭となりそうです。

4時間足

ドル円の直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。4時間足レベルのドル円は、先週の中頃からやや上昇基調で動いており、この流れから短期線が上向き、中期線を上抜く形となっています。また、昨日の上昇は先週の戻り高値である105円50銭~105円60銭の水準も抜いており、目先は上昇トレンドとして押し目買いが基本スタンスになりそうです。4時間足レベルの値幅は105円30銭~105円70銭がポイントとなりそうです。

1時間足

ドル円の直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのドル円は、東京市場とNY市場の入りに上昇し、一時105円70銭台を付けましたが、定着することは出来ずに105円50銭割れの水準まで押し戻されています。この動きで長期線にはサポートされているものの、昨日日中の押し目を割っているため、再び上方向を目指すことが出来るかが1つのポイントとなりそうです。一方で日足は下降トレンドを継続しているため、反転サインには注意して、高値での買いエントリーには注意しましょう。

ドル円のトレンド

ドル円の1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

10月21日のユーロドル相場

日足

ユーロドルの直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのユーロドルは、大きな陽線を付けており、一時9/21の1ヶ月ぶりの高値である1.18300台まで上値を拡大しています。この流れから短期線が上向きに変化しており、中期線を上抜く水準まできています。この流れから上方向への勢いが強い形となっていますが、目先10/9に付けた1.18300を抜けるかが1つのポイントとなり、抜けた場合には先月何度もレジスタンスラインとなった1.18700付近が視野に入ってくるでしょう。一方で下値余地としては、短・中期線の位置する1.17700と見ていきたいところです。

4時間足

ユーロドルの直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。今週の4時間足レベルのユーロドルは、大きく上昇をしており、先週高値の1.18300まで上昇しています。この流れから押し目買いを基本スタンスとしますが、短期間での上昇となり角度がキツくなっていることから、ある程度の値幅での調整が見込まれるため、高値圏での突っ込んでの買いは避け、戻りを待ってのエントリーとするといいでしょう。下値余地は10/19の抵抗となり、短期線の位置する1.17900や、中・長期線の位置する1.17700と見ていきたいところです。

1時間足

ユーロドルの直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのユーロドルは、欧州市場の入りから大きく上昇をし、一時1.18400まで上値を拡大しています。この流れから移動平均線も明確に上昇トレンドを示唆しており、押し目買いを基本スタンスとするといいでしょう。上値の目標は1.18700とし、押し目としての下値余地は1.17900や1.17700と見ていきたいところです。

ユーロドルのトレンド

ユーロドルの1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

タイトルとURLをコピーしました