10月29日の為替相場の見通し

為替相場の見通し

10月29日の経済指標

本日発表予定の経済指標*は上記画像の通りです。

Yahooファイナンス 経済指標カレンダーより引用

10月29日のドル円相場

日足

ドル円の直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのドル円は小幅な陰線にて引けており、この動きから移動平均線は引き続き下降トレンドを示唆しています。直近の流れから戻り売りを基本スタンスとして取引に臨みたいところですが、昨日の動きからもわかる通り、8/3と9/21に付けた安値である104円前半のレジスタンスラインが意識されています。そのため、安値圏での突っ込んでの売りはしづらい商状といえるでしょう。短期的な調整の可能性もあるため、しっかりと短期足の流れに付いていくようにしましょう。

4時間足

ドル円の直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の4時間足レベルのドル円は、一方的な売り展開となっており、移動平均線の短期線にサポートされる形となっています。引き続き下降トレンドとなっているため、戻り売りを基本スタンスとして取引に臨みたいところです。安易なロングエントリーはNGですが、月末に差し掛かっての独特のフローが生まれることや、月明けには大統領選も控えているため、取引する際にはそれらを念頭に置いておく必要があるでしょう。

1時間足

ドル円の直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのドル円は、東京市場からロンドン市場にかけて下落して推移しましたが、その後は下げ渋る展開となりました。引き続き下降トレンドを示唆しているため、戻り売りを基本スタンスとしますが、一方でトレンドブレイクの可能性も考え、突っ込んでの売りには注意が必要です。意識される価格は、昨日付けた安値である104円10銭や104円の大台となり、一方で上値は直近の戻り高値である104円50銭となるでしょう。

ドル円のトレンド

ドル円の1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

10月29日のユーロドル相場

日足

ユーロドルの直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのユーロドルは3日連続の陰線を付けており、全ての移動平均線を下回る価格を付けています。移動平均線の向きから明確なトレンドと言える状況ではなく、引き続き中立に見ていきたいところですが、足元の短期足では強い下降トレンドとなっているため、短期足に付いていく形での取引に臨みたいところです。直近の押し目かつ大台である1.17000が目先の下値の水準となりますが、勢いによっては先月末に付けた1.16100まで視野に入ってくることには注意しましょう。

4時間足

ユーロドルの直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。今週の4時間足レベルのユーロドルは強い下降トレンドの形となっており、移動平均線では200MAをも下回る形となっています。移動平均線からは明確なトレンドとは言えませんが、足元の下げの勢いから安易なロングエントリーには注意が必要でしょう。これらのことから戻り売りを基本スタンスとして、目先の下値の目標を1.17000、上値余地を1.17800と考えて取引すると良さそうです。

1時間足

ユーロドルの直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのユーロドルは東京市場後半から下げの勢いが強まり、NY市場の入りには1.17100台まで下値を拡大したあと、1.17500付近まで値を戻して引けています。これらの動きから移動平均線は下降トレンドを示唆しており、戻り売りを基本スタンスとするといいでしょう。とはいえ、日足や4時間足の状況としては明確な下降トレンドとは言い切れないため、突っ込んでの売りには注意しつつ、上方向にトレンドブレイクした場合にはすぐに手仕舞うようにしましょう。

ユーロドルのトレンド

ユーロドルの1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

タイトルとURLをコピーしました