11月6日の為替相場の見通し

為替相場の見通し

11月5日の経済指標

本日発表予定の経済指標*は上記画像の通りです。
また、米大統領選の結果を折り込みつつも、未だ確定していないことや、本日はFOMC明けであり、米雇用統計を控えていることに注意が必要です。

Yahooファイナンス 経済指標カレンダーより引用

11月6日のドル円相場

日足

ドル円の直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのドル円は大きな陰線を付けており、コロナショック以来約8ヶ月ぶりの安値を付けています。この動きから下降トレンド継続として、戻り売りが基本スタンスとなりますが、移動平均線との乖離が大きくなっていることや、米大統領選が未だ不透明な状況であり、積極的に売りで入りづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

4時間足

ドル円の直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の4時間足レベルのドル円は大きく下落することとなり、直近のレジスタンスラインとなっていた104円を大きく下回って推移しています。この動きから下降トレンドを示唆しており、戻り売りが基本スタンスとなりますが、移動平均線との乖離が大きくなっていることや、米大統領選が未だ不透明な状況であり、積極的に売りで入りづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

1時間足

ドル円の直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのドル円は東京市場は横ばい推移でしたが、ロンドン市場の入りから大きく下落を始め、直近のレジスタンスラインである104円を下回り、103円50銭まで安値を広げています。この流れから下降トレンドを示唆しており、戻り売りが基本スタンスとなりますが、米大統領選が未だ不透明な状況であり、積極的に売りで入りづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

ドル円のトレンド

ドル円の1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

11月6日のユーロドル相場

日足

ユーロドルの直近3ヶ月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の日足レベルのユーロドルは大きな陽線を付けており、意識されるチャネル上限間で上値を拡大しています。この動きから移動平均線を全て上抜いており、足元は強い上昇の流れとなっています。一方で、移動平均線は方向感がないことや、依然として米大統領選が不透明な状況であり、取引がしづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

4時間足

ユーロドルの直近3週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の4時間足レベルのユーロドルは長期線や200MAを上抜いての大幅な上昇をしており、意識されるチャネル上限まで上値を拡大しています。この流れから4時間足レベルでは上昇トレンドを示唆しており、押し目買いが基本スタンスとなるでしょう。一方で、依然として米大統領選が不透明な状況であり、リスクオフとなった際にはドルの買い戻しが予測され、積極的に買いでのエントリーがしづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

1時間足

ユーロドルの直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのユーロドルは東京市場では横ばい推移となりましたが、ロンドン市場の入りから大きく上昇し、一時1.18600まで上値を拡大しました。この流れから1時間足レベルでは上昇トレンドを示唆しており、押し目買いが基本スタンスとなるでしょう。一方で、依然として米大統領選が不透明な状況であり、リスクオフとなった際にはドルの買い戻しが予測され、積極的に買いでのエントリーがしづらい状況であると言えます。また、本日は米雇用統計も控えていることから、本日も取引を控えた方が無難と言えるでしょう。

ユーロドルのトレンド

ユーロドルの1時間足・4時間足・日足の短・中・長期線と200MAを整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線200MA
日足
4時間足
1時間足

※チャートはMT5より引用しています。

タイトルとURLをコピーしました