11月26日の為替相場の見通し

為替相場の見通し

11月26日の経済指標

本日発表予定の経済指標*は上記画像の通りです。また、以下の経済指標は特に重要度の高いものとなりますので、下記時間帯の取引には注意が必要です。

  • 21時30分:EU – 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

また、米国が感謝祭のため休場となっていることにも注意が必要です。

Yahooファイナンス 経済指標カレンダーより引用

11月26日のドル円相場

4時間足

ドル円の直近2か月の推移は上記画像の通りとなっています。また、直近の4時間足レベルのドル円は揉み合い商状となっており、オープンと同水準である104.4円台でクローズしています。移動平均線は横ばいで推移しており、明確なトレンドが発生しているとは言えない状況です。

今後の展開としては、現在のレンジ圏内での横ばい推移がメインシナリオとなり、値幅は104.1円から104.8円として見ていきたいところです。なお、本日は米国が感謝祭で祝日となるため、より動意の乏しい展開となる可能性もあるでしょう。

1時間足

ドル円の直近2週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのドル円は、引き続きの横ばい推移となりました。この動きで移動平均線も横向きとなっており、トレンドレスの状態を示唆しています。

今後の展開としては、引き続き横ばい推移がメインシナリオとなり、レンジ圏内での取引で細かくイグジットするといいでしょう。一方で、レンジブレイクによるトレンド発生には注意して取引に望みましょう。

15分足

ドル円の直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の15分足レベルのドル円は、各市場で横ばいに推移しており、終始方向感のない展開となりました。そのため、移動平均線は横向きにて推移しており、ボラティリティが縮小しています。

これらの動きから、本日はレンジ安値圏内でのロングやレンジ高値圏でのショートをメインシナリオとして臨みたいところです。その際のレンジは104.1円から104.8円とし、目標値は抵抗線とするといいでしょう。

ドル円のトレンド

ドル円の4時間足・1時間足・15分足の短・中・長期線を整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線
4時間足
1時間足
15分足

11月26日のユーロドル相場

4時間足

ユーロドルの直近2か月の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の4時間足レベルのユーロドルはジリ高の展開となり、9/1ぶりの高値をつけました。この動きを受けて、移動平均線は弱い上昇トレンドを示唆しています。

これらの動きから今後の展開としては中立や、やや上方優位とし、基本的には短期足の流れについていく形で取引に臨みましょう。想定される値幅としては、直近の押し目である1.18500から1.19500と見ていきたいところです。

1時間足

ユーロドルの直近2週の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の1時間足レベルのユーロドルはジリ高の展開となっており、移動平均線も弱い上昇トレンドを示唆しています。

今後の展開としては、直近強まっているユーロ買いの勢いがどこまで続くかがポイントとなり、勢いによっては再び1.20000も視野に入ってくるでしょう。これらの流れから、上昇局面となるため、しっかりと押し目を待ってのロングエントリーとするといいでしょう。

15分足

ユーロドルの直近3営業日の推移は上記画像の通りとなっています。昨日の15分足レベルのユーロドルは東京市場で横ばい推移のあと、ロンドン市場の入りで上値を1.19200まで拡大しましたが、、NY市場で一転1.18800まで弱含みました。しかし、その後は再び上昇の流れとなり、1.19200でのクローズとなっています。この流れを受けて移動平均線は弱い上昇トレンドを示唆しています。

今後の展開としては、上昇の流れを受けて押し目買いを基本スタンスとしたいところです。一方で、そこまで強いトレンドではないことには注意が必要となり、特に昨日の押し目水準である1.18800を割るようなことがあれば、弱気に転換する可能性があるため注意が必要です。

ユーロドルのトレンド

ユーロドルの4時間足・1時間足・15分足の短・中・長期線を整理すると下記の通りとなります。

短期線中期線長期線
4時間足
1時間足
15分足
タイトルとURLをコピーしました