12月16日のトレード戦略

為替相場の見通し

本日のドル円とユーロドルのトレード戦略は以下の通りです。なお、使用しているチャート内のチャネルラインは、赤が週足、黄が日足、緑がそれ以下の足で意識されるラインとして引いた線です。

12月16日の経済指標

本日発表予定の重要度の高い経済指標*は下記の通りです。

  • 22時30分:米 – 11月 小売売上高 [前月比]
  • 22時30分:米 – 11月 小売売上高(除自動車) [前月比]
  • 28時00分:米 – 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
  • 28時30分:米 – パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

本日のFOMCでは、直近続いているドル安の流れも変化する可能性があることから要注意です。

Yahooファイナンス 経済指標カレンダーより引用

ドル円相場の見通し(12月16日)

環境認識

ドル円の日足と4時間足のチャートは下記画像の通りです。

4時間足&日足

また、テクニカル指標からわかる方向感は下記の通りです。

トレンドの向きトレンドの強さ
4時間足弱い
日足弱い

【日足】

ドル円の日足は引き続きの下降トレンドであり、昨日は上ひげ陰線を付けるなど、直近はやや下振れしています。現在価格は何度かサポートされている水準まで達しており、本日はこのラインを下抜ける可能性を踏まえて取引に臨みたいところです。また、下抜けた場合には103円の大台まで視野に入るでしょう。

【4時間足】

ドル円の4時間足は一昨日に大きく反発しましたが、昨日は再び大きく値を下げる形となっています。直近の値動きから103.7円割れも視野に入ってきており、ここを下抜けると大幅に安値を広げる可能性があるため、注意が必要となりそうです。

トレード戦略

ドル円の1時間足のチャートは下記画像の通りです。

1時間足

昨日のドル円はロンドン市場以後には大きく安値を広げる形となり、103.7円付近でクローズしています。テクニカル的には全面的に下方向を示唆する形となっており、サポートラインまで達していることから、下目線を基本スタンスとして下記のような戦略で取引に臨みたいところです。一方で、本日はFOMCを控えて同意の乏しい展開も予想されるため、積極的に取引が出来る状況ではない点には注意しましょう。

【トレードシナリオ】

チャネル反発やチャネルブレイクを明確に確認した後に下記価格でのエントリーを想定します。

エントリーストップイグジット
long103.7103.5104.1
★short①104.1104.3103.7
★short②103.6103.8103.2

ユーロドル相場の見通し(12月16日)

環境認識

ユーロドルの日足と4時間足のチャートは下記画像の通りです。

4時間足&日足

また、テクニカル指標からわかる方向感は下記の通りです。

トレンドの向きトレンドの強さ
4時間足やや強い
日足強い

【日足】

ユーロドルの日足は引き続き上昇トレンドです。二日連続で小幅な十字線を付けており、方向感のない動きとなっていますが、上昇トレンドの中であることから押し目買いが基本スタンスとなるでしょう。

【4時間足】

ユーロドルの4時間足も日足と同様に上昇トレンドですが、目先は方向感のない展開が続いています。基本的には上目線で取引に臨みたいところですが、FOMCを控えてトレンドが変わる可能性には注意をしたいところです。

トレード戦略

ユーロドルの1時間足のチャートは下記画像の通りです。

1時間足

昨日のユーロドルはNY市場の入りで一時1.21200まで値を下げましたが、その後は再び値を戻し1.21500付近でクローズしています。

直近の1時間足では横ばいの動きとなっていることから、目線は中立やや上方優位としてとして下記のような戦略で取引に臨みたいところです。一方で、本日はFOMCを控えて同意の乏しい展開も予想されるため、積極的に取引が出来る状況ではない点には注意しましょう。

【トレードシナリオ】

チャネル反発やチャネルブレイクを明確に確認した後に下記価格でのエントリーを想定します。

 エントリーストップイグジット
long①1.212001.210001.21600
long②1.217001.215001.22100
short1.211001.213001.20700
タイトルとURLをコピーしました