2月1日のトレード戦略

為替相場の見通し

本日のドル円とユーロドルのトレード戦略は以下の通りです。なお、使用しているチャート内のチャネルラインは、赤が週足、黄が日足、緑がそれ以下の足で意識されるラインです。

2月1日の主な経済指標

本日発表予定の重要度の高い経済指標(★★★)*は下記の通りです。

時間経済指標重要度
24時00分米国1月 ISM製造業景況指数★★★

※出典:Yahooファイナンス 経済指標カレンダー

ドル円相場の見通し(2月1日)

環境認識

ドル円の日足と4時間足のチャートは下記画像の通りです。

4時間足&日足

また、テクニカル指標からわかる方向感は下記の通りです。

トレンドの向きトレンドの強さ
4時間足強い
日足強い

【日足】

ドル円の日足は大きめの上ひげ陽線を付けており、短期線にサポートされて上昇しています。大きな流れでは下降トレンドですが、直近は下げ渋ると同時に週足レベルで意識される赤チャネルまで上値を拡大しており、ここから高値を維持、明確に上方にブレイクすることがあれば更なる上値拡大も視野に入ってくるでしょう。

【4時間足】

ドル円の4時間足では、小さい値幅でのレンジ相場が続いていましたが、昨日一昨日と強めに上昇をして黄チャネルをブレイク、赤チャネルまで上昇する形となりました。この動きから移動平均線は上昇トレンドを示唆しており、このまま高値を維持することが出来れば、さらに上値を拡大する可能性があるでしょう。

トレード戦略

ドル円の1時間足のチャートは下記画像の通りです。

1時間足


昨日のドル円は東京・欧州市場で強めに上昇し、NY市場では高値圏を維持したままクローズとなっています。
一昨日までもみ合い商状が優勢となっていましたが、上方向にブレイク、移動平均線も明確な上昇トレンドとなっていることから、上方優位として下記のような戦略で取引に臨みたいところです。

【トレードシナリオ】
チャネル反発やチャネルブレイクを明確に確認した後に下記価格でのエントリーを想定します。

エントリーストップイグジット
long104.9104.7105.3
short104.0104.2103.6

ユーロドル相場の見通し(2月1日)

環境認識

ユーロドルの日足と4時間足のチャートは下記画像の通りです。

4時間足&日足


また、テクニカル指標からわかる方向感は下記の通りです。

トレンドの向きトレンドの強さ
4時間足中立
日足中立

【日足】

ユーロドルの日足は小幅な十字線を付けており、引き続き大きな流れは上昇トレンドである一方、足元のユーロ売りの流れから、直近は一段下げての揉み合い商状となっています。また、直近は下げ渋る展開も見せていますが、上値の更新に何度も失敗していることなどから、さらに下値を広げる可能性があるでしょう。

【4時間足】

ユーロドルの4時間足は強く下げて緑チャネルまで下落した後、サポートされてやや値を戻してのクローズとなっています。移動平均線では明確なトレンドは示唆していませんが、上値を切り下げており、やや下方優位の展開が想定されることから、安易なロングエントリーは控えたほうがいいでしょう。

トレード戦略

ユーロドルの1時間足のチャートは下記画像の通りです。

1時間足


昨日のユーロドルは東京市場で値を下げた後、欧州市場からNY市場の入りにかけ1.21500まで上値を拡大しましたが、その後は値を維持することはできず1.21200付近でクローズしています。
これらの動きや下方緑チャネルで下げ渋っていることなどから、目線は中立として下記のような戦略で取引に臨みたいところです。
【トレードシナリオ】
チャネル反発やチャネルブレイクを明確に確認した後に下記価格でのエントリーを想定します。

 エントリーストップイグジット
long1.220001.218001.22500
short1.209001.211001.20500

Appendix

ドル円とユーロドル以外について、引いているラインは下記の通りです。

ポンドドル

ポンドドルの1時間足のチャートは下記画像の通りです。

豪ドル/ドル

豪ドル/ドルの1時間足のチャートは下記画像の通りです。

DXY(ドルインデックス)

DXYの1時間足のチャートは下記画像の通りです。

タイトルとURLをコピーしました